エゾノコンギクとユウゼンギク2013年10月02日



今日は快晴で気温も25℃くらいまで上がるみたいだったので、午後から自転車で新川の散策路に行ってみました。

途中で何箇所も工事をしていて散策路に入ったり出たりと面倒だったものの、エゾノコンギク(蝦夷野紺菊)とユウゼンギク(友禅菊)が両方生えていたので両者の違いを観察してきました。


まずは、上の写真のエゾノコンギクからです。花びらの枚数がだいたい20以下と少ないので、慣れると花を見ただけでなんとなくわかります。


葉っぱはこんな感じでそれなりに幅があり、鋸歯(葉っぱのギザギザ)が比較的はっきりしています(上の写真の葉のようにはっきりしていないものもありますが……)。あと、葉脈がはっきりとわかるのも特徴です。



葉っぱの付け根は、茎を抱いていません。茎に毛がたくさん生えているのも特徴です。





さて次はユウゼンギクです。エゾノコンギクが日本固有種なのに対し、ユウゼンギクは北アメリカ原産の帰化植物です。

花びらの枚数は、多くの場合軽く20枚を超えます。


葉っぱはこんな感じで細く、鋸歯はエゾノコンギクほどはっきりとはしていません(鋸歯がぜんぜん無い葉もあります)。葉脈もエゾノコンギクのようには見えません。



葉っぱの付け根は、茎を半分ほど抱くかっこうになっています。

茎には毛はほとんどなくツルツルです。



そういえば、もう雪虫が飛んでいるという情報があったので帰りに知事公館に寄って偵察してこようと思っていたのですが、うっかり忘れて家に戻ってきてしまいました。近いうちに見にいかなくては!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

新川散策路。

最近、散策路に行こう行こうとは思っているのですが
工事区間の煩わしさが嫌で降りることが少なくなって
います。(^^;)青空と白い雲と野花。今日所用を
足しに徒歩で出向くついでに散策してみようか...なと
思っています。昨日と今日の気温の差が大きく肌寒く
感じますね。風邪を召されぬようご自愛のほどを!!

Re: 新川散策路。

今、新川散策路では私の知っている範囲だけで3つの工事
が行われていて、2箇所は通行止めとなっています。
いつも工事をやっているし、いつも草刈りをやっていて
なんとも落ち着かない散策路ですよね。(^^)
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR