樹皮を剥いだ犯人は誰だ?2012年04月05日

120405-1.jpg

ひさしぶりにユースの森に行ってみたら、こんな木を発見!

皮を剝いだのはいったい誰なのか? 証拠は上の写真。
はいだしょうこか? イェイ!

もっとアップで見てみると、細かい切歯痕も残されている。
120405-2.jpg

昨年、野幌でベアフィールド女史に教わったのだけれど、こういうやつはほぼエゾヤチネズミの仕業だそうで。

蝦夷夜血鼠先輩は(完全にテキトーな当て字です)、冬のあいだにトンネルを掘って、上の写真のような感じで樹皮を食べるそうです。ただし、外側の樹皮は死んだ細胞の集まりなのでまずそれを削り落とし、内側の生きた部分(師部)だけを食べるとのこと。鼠先輩も大変なんですな。

追記:
気になってあとから調べてみたのですが、幹のまわりの樹皮をぐるりと剝がれた木は栄養が届かなくなり枯れてしまうそうです。大変なのは木の方でした。



話は変わって、下の写真はユースの森に大量に投棄されていたエビフライのひとつ。

最初は近くにあるコンビニのホットシェフが焦がしすぎて捨てたのかと思いましたが(なわけないですな)、これはリスが食べ残した松ぼっくりの芯ということで。

120405-3.jpg

なんか最近仕事が忙しくて疲れているせいか、文章のノリが変な方向へと向かっている気がする。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR