三角山・円山・神社山・藻岩山の昔の名前2012年04月07日

120407-00.jpg

結局、ビッグダディを観てしまった。
それによって僕は今日のうちの二時間半を失った。

まあ、今日は土曜日だし、とりあえずそれはよしとして……

円山公園のホームページ内にある円山公園の歴史というページには、明治六年に製作された札幌郡西部図という地図が掲載されていて、それには当時の山の名前が書かれている。

円山がモイワで、藻岩山がインカルシペ(地図にはエカルシベと書かれている)だったというのは有名だが、三角山が当時マルャ山と呼ばれていたのにはちょっと驚いた。小さい「ャ」がなかなかいい雰囲気を醸し出している。

神社山はエプイと呼ばれていたらしく、マルャ山だけに「山」という漢字がつけられているとことを見ると、もしかするとマルャだけはアイヌ語ではないのかなという気がするが実際はどうだったのだろうか。こればっかりは、ぜんぜんわかりませんな。

島義勇判官がそこから見渡して街割りをおこなったとされる「コタンベツの丘」も、どこだったのか考えはじめると気になりますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

上田さんのお宅はまだ25丁目の角にありますよね、昔は薬局でした。
その昔は島判官の碑のあたりからだったら豊平川の花火大会が楽に見物できたのですがね。
丸井と三越と創成川の望楼以外高い建物が殆どなんにもありませんでしたよ。

No title

こんにちは
マルャ山の発音で今朝は大騒ぎしてしまいました。

Re:

>ytさん
上田さんというのは、円山の登山道を作った上田さんですよね?
その上田さんの子孫の方がご近所さんとはビックリです。
昔はこのあたりは高い建物があまりなかったんですね。

>ヒデさん
マルャ山の発音は、なんとなく「マルヤ」かなとか思いつつ、
巻き舌で「マリャ」みたいな感じかもな〜とか、色々考えられ
ますね(笑)。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR