三角山へ2014年03月29日



午前中でいい具合に仕事が進んだので、午後になってから三角山へ行ってきました。

エゾユズリハが顔を出してました。




シロトゲエダシャクの雄です。

年が明けて暖かくなってきてから出てくるタイプのフユシャクです。


オオカメノキの冬芽。

真ん中の顔みたいなのが花芽。両側の腕みたいなのが葉芽。


これもオオカメノキの冬芽。

葉芽だけのバージョン。

「冬芽」「花芽」「葉芽」は、音読みで「とうが」「かが」「ようが」と読むのが基本のようです。ただし、「冬芽」と「花芽」については「ふゆめ」「はなめ」と言うこともあります(読むのではなく耳で聞いたときはその方がわかりやすいので)。ちなみに、広辞苑には「ふゆめ」も「はなめ」も掲載されていますが、「はめ」は掲載されていません。


今日も10℃以上になったみたいです。



ナニワズも見られました!



この奥の左側に東屋があります。



十の坂です。



本日の三角山頂上。






帰りは哲学の道を通ります。

ここはけっこう雪解けが進んでいました。


ベニチャワンタケ。






一瞬、この太い木がウリノキかと思ってビビりました。

ようするに、邪魔になってるからってウリノキの枝を折らないでねってことですな(けっこう折る人も多いみたいなので……)。


この右側にずっと生えてるのがウリノキです(「こぶし平」から宮の森の方に行く道)。



三角山ではフクジュソウは見つけられませんでしたが、帰りの道路(新聞屋の前だったような?)ではそこそこ成長したやつがありました。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR