稲穂ひだまり公園の自然観察会2014年05月03日

コジマエンレイソウ。

結局、ムックリ2号(MTB系クロスバイク)で行ってきちゃいました。

写真にはそんなに人は写っていませんが、かなりの人数が参加していました。




こんなわかりやすいパンフレットも貰えました!

実物とこのパンフレットを見比べながら観察できましたので、大変わかりやすかったです。


カタクリは、ピークを3日ほど過ぎてはいましたが、いい感じで咲いていました。



ハウチワカエデの花も咲いていました。



これは帰りに寄った前田森林公園で咲いていたネグンドカエデです。



オオバナノエンレイソウは、ほとんどがこんな状態でした。



あれ? ミヤマエンレイソウも生えてるのかな? と思ったけど、それにしては花びらが大きい。



中を覗いてみたらオオバナノエンレイソウでした。



今回、個人的に一番気になっていたのはこのコジマエンレイソウ(この公園に生えているのは変種クロミノコジマエンレイソウ)です。



しかし上の写真のように、花びらがきれいに3枚そろっているのは珍しく、こんな風に2枚とか、1枚とかもあって……



結局、一番多いのは、下の写真のように花びらがないコジマエンレイソウでした(ここでは50%以上は花びらがないような印象でした)。



では、下の写真のような普通のエンレイソウとどこで見分ければいいのか?



雄しべのやくに注目してください。これは普通のエンレイソウです。

※これはいわゆるアオミノエンレイソウですが、子房の色は色々ありますので今は無視してください。


でもって、これがコジマエンレイソウです。葯が長くてデカイです! これがコジマエンレイソウの特徴です。



これは普通のエンレイソウ(葯が小さく子房がはっきり見える)。



でもってこちらはコジマエンレイソウ(葯が大きいので子房があんまり見えない)。



この写真の中央の花はもちろんコジマエンレイソウですが、右後ろの花もコジマエンレイソウです。




花びらがないとすぐには気がつきませんが、注意してみると近くの森にもコジマエンレイソウ(エンレイソウとオオバナノエンレイソウとの自然交雑種)が生えているかもしれませんよ!





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR