円山のふもとの昆虫たち2014年08月12日

シリアゲムシ(プライアシリアゲまたはエゾシリアゲ)。

前の2つの記事の続きで、本日見た昆虫たちを紹介します。

いつも見ている場所とは別の場所にオオムラサキの1齢幼虫がいました。







この場所では、まだ2齢になっているものはいないようでした。



超デカい蛾のフンが!



近くにいたベニスズメの幼虫(といっても鳥の幼虫じゃないですよw)。

もしかするとこれのフンなのかもしれません。


仮面を脱いだアカエゾゼミが!

アカエゾゼミは、赤い◯で囲った部分に紋が2つずつしかありません。エゾゼミやコエゾゼミはこれが4つずつあります。アカエゾゼミとその他のエゾゼミの見分け方については、「エゾゼミとコエゾゼミの見分け方」という記事を参照してください。


出ました! スコーピオンフライ(Scorpionfly)です!



札幌の昆虫』という図鑑ではプライアシリアゲという名前で掲載されていますが、最近ではエゾシリアゲという名前で呼ばれているようです。



お尻がこんな風にサソリみたいになっているので英語ではスコーピオンフライ、日本では尻上げ虫と呼ばれています。

でもこの部分はオスの交尾器なので毒はありません。


よくアキタブキの上にいるハイイロヒョウタンゾウムシです。

これ、北海道にはメスしかいないんですよ、奥さん! 単為生殖で増えてるんです!


オシドリの親子もいました。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!


そろそろオオムラサキイモベビーに親心が芽生え始める頃かと察します。

あれ、このベニスズメはあそこのベニスズメですか?←どこだよw

オシドリ母さんは、今時期まだこんなチビちゃんを育児中なんですね!
実はちっともオシドリ夫婦じゃない、オシドリww

Re:

おはようございます(もう夜ですがw)。

このベニスズメはあそこのベニスズメです。
この日は一匹だけしか発見できませんでした。

オシドリは最初お母さんだけしか見えない状態だったのですが、
急に変な声が聞こえたと思ったら、お母さんの羽の下あたりから
子供がぞろぞろ出てきました。
暑くて窮屈で「もう、いやだーっ」って出てきた雰囲気でした。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR