シンジュキノカワガの出す音2015年10月26日

シンジュキノカワガのいるシンジュ(ニワウルシ)。

シンジュキノカワガの蛹の出す、マラカスのように聞こえるという音をやっと聞くことができました!

最初にこの場所でシンジュキノカワガの幼虫を見つけたのは、ちょうど1週間前の10月19日。そのときは5、6匹の幼虫が葉っぱについていました。

シンジュキノカワガの幼虫。
で、21日に見に行ったときには幼虫は2匹しか発見できず、23日には幼虫の代わりに2つの繭を見つけました。

しかし、その23日のときも昨日25日も繭を触っても音がしなかったのです(といいつつ、思っていたより小さな音だったので聞き逃していた可能性も否定できません)。


それで本日、昼食後にまたまた確認に行ってみたわけです。繭が2つあるのは、下の写真の赤い線で囲ったあたりです。
シンジュキノカワガの繭のあったところ。


これと……
シンジュキノカワガの繭1。


これです。
シンジュキノカワガの繭2。


では、シンジュキノカワガの出す音を動画でどうぞ!



音を出す仕組みなどについては、九重自然史研究所便りのこの記事に詳しい説明があります。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

動画を観て聞いた時、最初セミが鳴いているのかと。(^^;)
そして初めての音に興味深々。それにしてもアップの写真を
見てもどこにそのマユ?があるのかすら分かりませんでした。
木の皮と同化しているのでしょうか・・・。
北国は底冷えの厳しい晩秋を迎えています。北大のイチョウ
並木は黄色い絨毯となって出迎えてくれそうです。お天気が
回復したら行ってみようと思っていますが・・・。

Re:

言われてみれば、たしかにセミの鳴き声っぽいですね。
あんまりマラカスの音のようには聞こえない気がします。

マユはたしかにわかりにくいですよね。
木の皮を削ってマユにつけているらしく、そのために
シンジュキノカワガ(神樹・木の皮・蛾)という名前が
つけられたみたいです。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR