春の山菜展2012年05月18日

120518-01.jpg

今日と明日の二日間、エルムトンネルのすぐ近くで「2012 春の山菜展」が行われているので見てきました。

まずは入口のところで、こんな『毒草ハンドブック』と詳しい資料がもらえます。この資料にはたとえばエンレイソウについて「若芽は可食。茎の下部や根は有毒」といった普通はあまり知られていない情報が書かれていてなかなか良いです。

120518-02.jpg


入ってすぐのところには三大毒草の実物が……。
120518-03.jpg


毒と言えば定番のエゾトリカブト。
120518-04.jpg


こちらはオクトリカブト。
120518-05.jpg


こんなパネルも用意されていて、とてもわかりやすいです。
120518-06.jpg


こちらも有毒のホウチャクソウ。
120518-07.jpg


こちらはおいしい山菜のアズキナ(ユキザサ)。
120518-08.jpg


解説員の方もたくさんいて、オオアマドコロは茎が角ばっているのでわかりますよと教えてくれました。
120518-09.jpg


普通はなかなか実物を見ることのできない根も確認できます。
120518-10.jpg


帰りはちょっとだけ北大の遺跡保存庭園へ。
120518-11.jpg


ムラサキケマンが咲いていました。
120518-12.jpg


オドリコソウはもう少しみたいです。
120518-13.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

遺跡。

先日、帰路の途中で北大構内のアイヌ居住跡を見てきました。
な〜にか痕跡があるであろうと期待していたのですが、本当に
「跡」だけでした。(勝手に一人汗。^^;)
車道を避け北大を通るルートがお気に入りとなり今では頻繁に
利用させてもらっています。四季の移ろいを感じさせてくれる
のも良いですね・・・。

Re: 遺跡。

前に居酒屋ゆかりに行ったときに、アイヌ考古学の専門家
である宇田川洋先生に「アイヌ住居跡って、土が少しへこん
でるだけですよね?」と言ったら「まあ、そんなもんですw」
と言ってました(笑)。
北大構内も行ってみるとなかなかいいですね。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR