自分では気づかない、ココロの盲点 完全版2016年02月05日

『自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80』

今年の1月21日に発売されたばかりの認知バイアスの本なのですが、仕事の方にも役立つような気がしたのでAmazonで購入してみました。名古屋だと注文した翌日には届くのでなかなか便利です。

本の裏には、認知バイアスのこんな説明が書かれていました。



たとえば1,000円と1,500円の商品があって、1,500円の商品をたくさん売るには3,000円の商品も追加すれば良い(これを「おとり効果」という)、みたいな話がたくさん出ている本です。あとは選択肢が多すぎるよりは、適度な数の方が売れる(選択肢過多効果)とか。

もちろん実際に役に立つ話が多いんだけれども、誰かを連想して笑っちゃうような話もけっこう出てきます。たとえばこんな話とか。

 物知りの人は、ほぼ例外なく「おしゃべり」です。

まあこれにはちゃんと理由も書いてあるのですが、なるほど〜と思ってしまいました。

あとはこんなのとか。

 高級車の方がマナーは悪い

これは名古屋にいるとよくわかりますな。名古屋はベンツがびっくりするくらい多いんですが、歩行者より車の方がエライと思っているふしがありますし……。

あとは、同じ味の店でも遠くに行って食べた方がおいしいと思い込んでしまう話とか。

「わざわざ遠くまで食べに行くくらいだから美味しいはずだ」と、自分の努力を正当化します。

そういえば昔、釣り仲間で「やっぱり釣れたての魚はおいしいねえ」が口癖の人がいましたが、たいていの魚は少しは熟成させた方がおいしいはずなんですけどもねえ。

内容としては、そんな風になんでも自分の都合よく解釈してしまう話が多い感じですが、やっぱり色々と勉強になりました。巻末には50種類の錯視効果も掲載されていて、それもなかなか面白いです。面白いだけでなく、しっかりと役立つ本だと思います。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

心の盲点・・・ふ〜ん。なるほど当てはまるかもです。(^^;)
買い物も遠くにあるお店も。比較したり、わざわざ感だったり。
子供の頃、行商みたいなお店がリヤカーでやってきてそばにいた
見知らぬ(サクラ...)子供が・・・
「おじちゃんこれちょうだい!」と真っ先に言って買う光景を見た
記憶が。後で大人に聞くと「あれってサクラだよ。多分お店の
子供なんだ」とね。誰かが買うと、次々買う子が現れて・・・。
今でも「残りわずか...」のポップを見るとつい手が出そうに
なります。(^^;)

Re:

そういえば昭和の時代にはそんなサクラをよく見かけたような記憶が
ありますね。映画なんかでも!
僕もときどき不必要なものを買ってしまうことがあります(^_^;)

そういえばこの本には、
・我慢を続けていると、だんだん我慢ができなくなってくる
とか、
・がんばり続けていると、やる気がなくなってくる
みたいなこと(実験結果)も書かれていました。
なかなか興味深いデータです。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR