太陽の塔2016年02月21日



土曜日に大阪で仕事があって一泊し、翌日に万博記念公園に行ってきました!
大阪の万国博覧会は1970年のことだったんですな。

野幌の百年記念塔(高さ100m)よりは小さいけれど、この作品はやはり感動ものですよ。




これには顔が3つあるんです。
写真:太陽の塔の金色の顔。


これは2つ目。
写真:太陽の塔の真ん中の顔。





写真:太陽の塔の横顔。


この赤い部分はタイルだったんですな。
写真:太陽の塔の赤い部分のアップ。


これが3つ目の顔。陽が当らない後ろにあります。
写真:太陽の塔の後ろ側。


自由の女神は47mで、これは65mなのだそうです。



写真:太陽の塔を左から。


写真:太陽の塔を右から。


梅がけっこう咲いています。



大阪は食べ物もおいしくて、なかなか良いところでした。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

実在するのですねー

高校生のころ、受験で京都に行った際、大阪の空港経由でした。
京都に向かうバスの中から、この塔をみました。本当にあるんだ、漫画(サザエさんとか)の中だけじゃないんだ、と感動…はしなかったけど、驚いたものです。
小学館の学習誌の付録にも組み立て式太陽の塔があったなー。

Re:

>おならさん(笑)

空港経由だと確かにあのあたりを通りますね。
でも道路からだとメタセコイアとかの木がじゃまして、きちんと
撮影できなかったので、250円払って中で撮影してきました。
小さい頃にテレビなんかで見た記憶があるからだろうけど、なんだか
すごい芸術作品だなあと思って見てきました。
ちょうど12時くらいに行ったのですが、真っ正面に太陽があって、
後ろが暗くなっていたのにも、なるほど〜と感動してしまいました。

No title

このようにアップで見たのは初めてです。赤い部分はタイル張り
だったのですね。う〜ん、迫力満点です。(^^)
>大阪の万国博覧会は1970年・・・
この頃の旅烏は世間をハス(流し目?毛嫌い?)に構えていた時代
でして。新幹線に乗った時も、ただふ〜んと横目で車窓から外を
見ていただけでした。背伸びして偉そうにしていた?やんちゃな
当時がよみがえります...。(今さら遅い?汗多々。^^;)

Re:

太陽の塔は近くで見ると色々と発見がありました。
たまに内部も公開しているらしく、そのうち機会があれば
中も見てみたいです。
1970年って、考えてみれば46年前ですもんね。
そのころはさすがに僕はまだ斜に構えるほど成長していませんでしたが、
15年後くらいには生意気で調子にのった青年になっていたと思います。
今もそれなりに調子にのったオヂさんですが(笑)
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR