森林公園 野の花めぐり2016年03月23日

サンシュユの説明をするガイドさん。

今年最初の「野の花めぐり」に参加してきました!
上の写真は、えびづる会のガイドさんがサンシュユの説明をしているところです。

観察会がはじまって最初に見たのは、山野草園のウマノアシガタ。
下見のときには咲いてなかったとか……

ウマノアシガタの花。


花をアップで見るとこんな感じ。なんとなくキツネノボタン的な雰囲気がしませんか? 実はこの花もキンポウゲ科なんです。もちろん有毒です。
ウマノアシガタの花アップ。
ちなみにキンポウゲ(金鳳花)というのは、これの八重咲のものを指すとか。


葉っぱはゲンノショウコによく似ています。間違えると危険ですな。
ウマノアシガタの葉っぱ。


さて出発!
出発。


キブシの説明をするガイドさん。例年だと、こんなに花は付かないとの解説。
キブシの花。


岩本橋のヨコでみんなが撮影しているものは?
スミレを撮影する参加者。


ニオイタチツボスミレです。
ニオイタチツボスミレ。


これまた小さい!
ニオイタチツボスミレの大きさ。


中心の白い部分が広くてハッキリしているのが特徴だとか。
ニオイタチツボスミレの柱頭。
側弁に毛はありません。花弁は重なり合うようになっています。


距はこんな感じです。
ニオイタチツボスミレの距。
花柄には必ず毛が生えているそうです。


葉っぱはこんな感じ。
ニオイタチツボスミレの葉。


その後、オオタチツボスミレの花も見ました。
オオタチツボスミレの花。
距が真っ白です。


F湿地の近くで咲いていたムラサキサギゴケ。
ムラサキサギゴケ。


なんだかエイか宇宙船のような雰囲気です。
ムラサキサギゴケのアップ。


いこいの森に入るとタチツボスミレが咲いてました。
タチツボスミレの花。


花はオオタチツボスミレと似ています。
タチツボスミレの花アップ。
中心の白い部分はニオイタチツボスミレと比べると狭くなっています。側弁に毛はありません。


距は真っ白ではありません。ここがオオタチツボスミレとハッキリ違うところです。
タチツボスミレの距。


葉っぱはこんな感じ。
タチツボスミレの葉。


この真っ白な花のスミレはフモトスミレです。
フモトスミレの花。


大きさはかなり小さい!
フモトスミレの大きさ。


側弁には毛があります。
フモトスミレの柱頭と側弁の毛。


距はかなり短いです。
フモトスミレの距。


おまけに葉っぱには毛が生えとります。
フモトスミレの葉と毛。
特徴が多くてわかりやすいスミレです。


ミヤマシキミの雄花。
ミヤマシキミの雄花。


同じくミヤマシキミの雌花。
ミヤマシキミの雌花。


岩本橋の近くでショウジョウバカマが咲いてました。
ショウジョウバカマ。


ショウジョウバカマの花。


これはミツバアケビの雌花と雄花。
ミツバアケビの花。


ビロードイチゴの葉っぱを触って、その感触を確かめているところ。
ビロードイチゴ。


本日もいろいろ勉強になりました!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!
私も~こちらのブログで、本日も大変勉強になりました。
スミレの見分け方~今度、ゆっくり見つめて~見つめ返されて(笑)
実戦で見極めてきます。

Re:

りこさん、こんばんは。
観察会はたしかに勉強にはなったんだけど、記憶として定着しないと
言いますか、なかなかおぼえられませんなあ(笑)
とにかく慣れるしかなさそうですね (^^;)
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR