本日の円山ニュース2012年05月25日

120525-01.jpg

用があって近くまで行ったので、ふもとの様子だけ見てきました。
ん? 何かが変わっている?

なんとロープの高さが、前よりも高くなっています(下の写真がこれまでの状態)。
120516-1.jpg

前まではお爺さんでもラクにまたげる高さでしたが、今度のやつは僕の腰くらいの高さがあります。しかし逆に、背の低い人ならラクにくぐれる高さのような気も(爆)!

なんだか無駄に税金を使っているような気がしないでもないですが、それもこれも今だに侵入してフクロウの写真を撮り続けている困った方々がいるからなので複雑な心境です。


しかし少し進むと可憐な花が咲いてました。タニギキョウです。
120525-02.jpg


フデリンドウも少しですが咲いています。
120525-03.jpg


曇って暗くなってきて、そのあとにフデリンドウを見たら花を閉じはじめてました。
120525-04.jpg


その後、オオムラサキの幼虫を見に行ったら、なんとそこには生首が!
120525-05.jpg


ではなくて脱皮したあとの頭部の抜け殻でした。

下の写真は、抜け出たオオムラサキと体の部分の抜け殻。
120525-06.jpg


ここのところ、札幌の山々では盗掘も相次いでいるようです。いろいろな方のブログを見ていても、野幌でフデリンドウが盗掘された記事や、砥山でノビネチドリが盗掘されていた記事が目につきました。それに関連して、実は円山でもちょっとした事件?があったのですが、それについては後日書くつもりです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

いいことがあるよ♪

ロープを張るよりも、立て看板が有効でしょう。
「注意!熊が目撃されました!」
足跡も作っておけば、余計に効果的ですね♪

トコロデ
脱皮すると、こんなに大きくなるんですね。
ちょっとオドロキ。

Re: いいことがあるよ♪

やっぱり何か書いてないとダメですよね〜。

オオムラサキの幼虫ですが、たしかに殻にくらべてデカイ!
オオムラサキの幼虫は脱皮するたびにかわいくなくなって
しまうのが難点です(笑)。

生首。

白覆面を被った怪し気な出で立ちの素浪人?の首を刎ねたの
誰でしょう。(^^;)口を大きく開け、悶絶しながら目が寄って
いて、ちょっとひょうきんかもですね。(^^;)オオムラサキの
幼虫の脱皮。飛んでいるとこ是非写真で見たいな〜♪(^^)

Re: 生首。

言われてみれば確かに「寄り目で大きな口を開けた顔」に
見えますね。
オオムラサキの成虫は飛ぶのが速くてうまく撮影できたこと
がないのですが、今年はなんとか動画で撮ってみたいです。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR