謎の植物ファイル 〜藻岩山編〜2012年05月31日

120531-01.jpg

数十年に一度、クマイザサに花が咲いて枯れた翌年にのみ姿を現すというヨミノエンレイソウが藻岩山で発見された。

そんなわけで、本日も写真は本物ですが、書いてあることはテキトーで行きます。

快晴の藻岩山には、不吉な気配が漂っている。
120531-02.jpg


下の写真のノビネチドリは、午前中には三輪咲いていた。この少し左側に、ひときわ目立つ美しい花がもう一輪咲いていたのだ。それは、この日この山に登った多くの人が証言している。それが夕方近くに下山したとき、その左側のノビネチドリは茎の途中から上が忽然と消えていた。これは嘘ではない。しかし、このような超常現象は日本中で毎日のように起こっている。
120531-03.jpg


やはりまだ不吉な風が漂っている。
120531-04.jpg


上の写真の道を少し進んだところで、私は奇妙なマイニチガナツヤスミニリンソウを発見した。花弁などの特徴からして、それはマイニチガナツヤスミニリンソウに違いないのだが、葉がぜんぜん違うのだ。はじめは、花だけが別の植物の葉のあいだから顔を出しているのだろうと思ったのだが、確認してみると……。ここで私は意識を失った。不吉だ。
120531-05.jpg


それにしても暑い。けっきょく今日も帰るまで半袖だった。
120531-06.jpg


昆虫でありながら人間の言葉でつぶやくという「葉なう土葬虫」までもが現れた。
120531-07.jpg


というわけで、本日の動画です。藻岩山の風景をバックグラウンドに、エゾハルゼミが鳴きまくる音声が聞こえます。



本日もテキトーな記事ですみません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

土葬虫?

土葬虫?
埋葬虫(シデムシ)のダジャレかしらん?
それにしても画像のお方はゾウムシだと思います……

Re: 土葬虫?

「葉なう土葬虫」の本当の名前は「ハナウドゾウムシ」です。
オオハナウドの葉の上によくいるやつです。
本日はローカルネタ満載ですみません。

No title

例の件、了解いたしました・・・そうだったのね。

Re:

すみません。お手数をおかけしました。
先日もそれにからんで現場でトラブルがあったみたいですので、念のため。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR