ヘクソカズラグンバイ2016年08月21日



その姿が軍配ぐんばい(相撲の行司が持ってるやつ)に似ているためグンバイムシと呼ばれている虫がいる。ヘクソカズラグンバイは、日本では1996年に発見されたばかりの外来昆虫で、その名のとおりヘクソカズラの葉の裏にくっついて汁を吸って生きている。

これがそのヘクソカズラ(屁糞葛)。名古屋ではその辺に生えている雑草で、悪臭があることからその名がつけられたらしい。




で、そのヘクソカズラの葉っぱがこんな風に白くなっていると、だいたいその裏にヘクソカズラグンバイがついている。



葉の裏から汁を吸うので、裏はこんな感じで黒くなっている。



お、いたいた! 大きさは3mmくらい。



真ん中のは成虫で、まわりにいるのは幼虫です。



後ろ側から見たところ。顔の横にある半球状のやつが特徴。



前から見るとこんな感じ。おお、吸ってる!






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

グンバイムシ

子どものころ、マンガ昆虫図鑑でグンバイムシというものを知りました。
(このヘクソカズラではありませんが)
マンガでは大きく描かれていたので、本当の軍配くらいの大きさかと思ってましたですよ。

Re: グンバイムシ

子どものころからグンバイムシを知っていたとは、さすがですな。
僕は去年、名古屋の自然観察会で教えてもらって初めて知りましたです。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR