作家の値うち2016年08月22日

160822-01.jpg

Amazonから『作家の値うち』が届いたのでさっそく読んでみました。この本の執筆時点(2000年)における現役主要作家の(苦労することなく入手可能な)主要作品を100点満点で採点したブック・ガイドです。

本書の「はじめに」には、こんなことが書いてあります。

 文学作品を、「点数」で序列化する。
 それが異例であるのみならず、きわめて野蛮な行為だ、という批判は甘受する。

で、にもかかわらずこの本を書いた理由は、本の帯の裏側にわかりやすく書いてありました。

160822-02.jpg

なるほど、なんとなくわかるような気がします。





で、内容は前半がエンターテインメント、後半が純文学の作家の作品となっていて、それぞれ50人ずつが五十音順で掲載されています。

なので先頭は浅田次郎です。

浅田次郎の作品は10作品が掲載されていましたが、その中の最高得点はなんと『プリズンホテル』の78点! 次は『きんぴか』の76点でした。直木賞をとった『鉄道員ぽっぽや』は残念ながら下から2番目の点数でした。

プリズンホテル』と『鉄道員ぽっぽや』については、僕もそんな感じかなあと思います。でも『きんぴか』はそれほどでもないような気がする……。個人的には『天切り松 闇がたり』や『日輪の遺産』もかなり好きなんだけど、この本には掲載されていませんでした。





で、純文学の方のはじめの方には、江國香織が出ています。紹介されているのは5作品のみ。最高得点は『神様のボート』の85点で、次は『流しの下の骨』の81点となっています。

江國香織に関しては、この本の著者とは評価が全然違います。僕としては『落下する夕方』が最高だと思うんだけどなあ。





それで村上春樹はどうなのか?
海辺のカフカ』よりも前の10作品が掲載されていて、最高得点は『ねじまき鳥クロニクル』の96点、次は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の91点でした。個人的には『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が一番好きなのですが、この作品の解説に「この作品をもって、今のところのもっとも完成度が高いものとするのが玄人筋の一致した評価であろう」と書いてあったので、まあこんな感じなんですかね。一番評価の低かったのが『スプートニクの恋人』となっているのは、まあこの10作品だとそうなるかもしれない。

それにしても、『ノルウェイの森』と『国境の南、太陽の西』が両方とも評価が低めなのは納得できませんなあ。僕はこの両方ともかなり好きなんだけどなあ。




いずれにしても、読んでみようと思う本がかなりたくさん見つかりました。なかなか良いブック・ガイドだと思います。もう少し新しくて金原ひとみなんかも掲載されているともっと良かったんだけど…。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!
この本購入したいな♪

プリズンホテルは確かに!という感じはしますが、きんぴかは・・・私的にはイマイチというか~途中で投げ出し、まだ完読しておりません(笑)椿山課長の7日間も好きだな~☆

あのですね・・・TOP記事にコメを書く勇気が(^_^;)
結構、重いタ○○マをお持ちのようで、
歩行なさる時はバランスを崩されないようにご注意下さいませ。

Re:

こんにちは。

この本、なかなかいいですよ!
今までぜんぜん知らなかった作家さんや本をたくさん知ることができました。

『きんぴか』って、ちょっとわざとらしいというか、狙い過ぎですよね?
『椿山課長の7日間』はまだ読んでませんでしたので、そのうち読んでみます。
楽しみだなあ!

>歩行なさる時はバランスを崩されないようにご注意下さいませ。
実は重いのが真ん中にあるので逆に安定するんですよ(笑)
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR