スコーピオン・フライ2012年06月22日

120622-1.jpg

この昆虫がスコーピオン・フライ(Scorpionfly)だ。
英語の名前だとなんだか恐そうな印象だが、日本ではシリアゲムシ(尻上げ虫)と呼ばれている。サソリのように毒があるわけでもない。

この虫を初めて見たのは、オオムラサキの幼虫を観察しているときだった。

家に帰って写真を整理していたとき、何気なく写した下の写真が気になって図鑑で調べてみると、それがちょっと変わった虫であることに気がついた。
120622-2.jpg


上の写真ではわからなかったのだが、オスの腹部先端がサソリのような形状になっており、それが生殖器なのだという(下の写真を参照)。カッコイイ! ワイルドだぜぃ。
120622-3.jpg


顔は妙に長くて、とても印象的だ。なんだかアゲハっぽい雰囲気もある。図鑑によるとチョウやハエの祖先と考えられる原始的な昆虫なのだそうだ。

120622-4.jpg


この虫をもっと観察してみたくなり、仕事をさぼって夕方に森に行った。そこには、僕のほかにも昆虫を観察している人がいた。僕の見ている虫を一目見て「プライアシリアゲですね」と言った。その人は「昆虫パラダイス!!」というブログをやっているバルキングさんだった。フユシャクやクモガタガガンボについて調べていたときに、とても参考になったブログを書いている人だ。

120622-5.jpg


そんな感じで本日は Scorpionfly の紹介でした。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

それらしいお尻の虫は見たことがあるが

あれがシリアゲムシだったのかしら?
それにしても顔は初めて見ました。確かに長い顔。
貴君のハンドルネームにも納得、と書いたら叱られるかしらん?

Re: それらしいお尻の虫は見たことがあるが

えっ、見たことがあるんですか!?
普通の人なら、こんな虫が存在することすら知らないと思います。
それにしても、ぼくはこういうタイプの顔の昆虫に弱いんですよ〜。
いやー、マジかっこいいっす!
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR