風速10mの追い風2012年07月01日

120701-1.png

 今日はずいぶんとスピードが出るなと思っていた。ギアを一番重くした状態でも軽々とペダルが漕げる。僕のマウンテンバイクは、いつもよりかなり早い時間で新川の散策路に着いた。

 おそらく、今年の中でも今が一番仕事が忙しい時期だろう。三つのプロジェクトが同時進行していて、今はそのうちのふたつを仕上げなければならない時期にきている。いや、正確に言えばその時期は少し前に過ぎている。そんな状況ではあったが、今日の午前中でひとつの作業の終わりが見えてきた。今日中には完成できると確信を持った。だから天気はイマイチだったけれども、僕はマウンテンバイクで新川へと向かったのだ。たまには息抜きも必要だ。

 新川の散策路に入ってからも、自転車は軽やかに進んでいく。スピードはいくらでも出るような気がした。僕はいつのまにか中西圭三の「You And I」を口ずさんでいる。なぜ急に中西圭三なのかは僕にもわからない。「You And I 愛だけじゃないのさ」

「痛っ」、僕は右手をハンドルから離して右の頬を押さえた。体長1センチほどの甲虫らしきものが頬に当たったのだ。それなりの固さはあったが軽そうな感触だった。カメムシかもしれない。しかしそれは自転車のスピードに比例してこれまでに経験したことがないくらい痛かった。気がつかないうちにそれくらいスピードが出ていたのだ。これはちょっとスピードの出し過ぎかなと僕は思った。それは警告だったのだろうと今の僕は思う。次の瞬間に僕はそれを確信することになったからだ。

 イタドリの茂みの中から急に老人が目の前にあらわれて、自転車は避ける余裕もなくその老人に激突した。僕は空中に投げ出され、そのときに右膝が老人の顔に当たったことを覚えている。地面に僕の身体が叩きつけられた瞬間のことも。しかしそのあとの記憶は一切ない。

 一瞬の出来事ではあったが、顔に虫が当たったあとに僕はそんな想像をした。スピードを出し過ぎるのは危険だ。ここではたまにイタドリの影に隠れて立ち小便をしている爺さんもいるのだ。僕はスピードを落とし、帰りの向かい風のことを考えてUターンした。仕事はまだ終わったわけではない。

※写真は過去に撮影したものを適当に使用しました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

激突。

ふと、死の文字が頭を過る瞬間が私にも先日ありました。(^^;)
石狩方面からの帰路、国道337号から新川へ向かう所の枝道で
猛スピードのトラックとあわや衝突か!の場面でした。本線に入る
方が左右確認が当たり前と思っていたので、そのまま突っ切ろうと
車道を走っていたのです。でもその運転手は私を確認し、1回だけ
ブレーキを踏んだだけで、そのまま速度を上げて走り去って行き
ました・・・。(^^;)
ブレーキが甘かったり遅かったら、空中に飛ばされていたと思い
ます。前輪のブレーキをセラミックのブレーキパッドに替えていて
本当によかったと思いました。(^^;)自転車に乗る人が増えて
その功罪が言われ始めましたが、運転手側にもレッドカードを
突きつけなければならない悪質ドライバーと時々出会います。
気を付けねばと改めて真剣に思い、こちらも反省せねば...と
その夜いつもの寝酒にばく進したのであります・・・。(^^;)

Re: 激突。

また酔っぱらって夜中に変な記事を書いてしまいました。

自転車に乗っていると、ときどきヒヤッとすることがありますね。
トラックが多く通る道路の車道は本当に怖いです。
風圧で倒れそうになることもありますし、埃が巻きあがって目を
あけていられなくなることも。
あと車ではなくて人なのですが、右に寄って左に寄ってと繰り返し
ながらふらふらと歩いてる人が時々いて、もちろんゆっくりと慎重
に追い越すんですがけっこうヒヤヒヤします。
加害者にも被害者にもならないよう、常に注意する必要がありますね。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR