茶屋ヶ坂公園 自然観察会 2017年07月16日

170716-01.jpg

きのう茶屋ヶ坂公園の自然観察会に参加してきたのだけど、そのあと夏のバーゲンに連れていかれてブログを更新できなかったので、本日あらためてその内容などを紹介します。

はじめにタデランやイノコヅチなどを観察しつつ、あじさい橋の階段を上ると……

170716-02.jpg


すぐ目の前でこれが観察できました。
170716-03.jpg


コブシの実です。
170716-04.jpg


で、次に観察したのはこの木!
170716-05.jpg


名古屋市の木であるクスノキの、葉っぱのある部分を観察しました。
170716-06.jpg


ここです!
170716-07.jpg
これはダニ室(ダニ部屋)と言って、ここにはダニ(主に植食性のフシダニ)がたくさん住んでいるんです! クスノキの葉っぱには、基本的にこれがあるのだそうです(ガマズミ属にもあるそうです)。


葉の裏側を見てみると、このように穴があいていてダニが出入りできるようになっています。このダニ室は虫こぶとは違って、クスノキ自身が作っているとか……
170716-08.jpg
ダニ室については色々と研究されているようですが、何のために作っているのかはまだハッキリとは分かっていないようです。



そして次はこの木! ニセアカシア(ハリエンジュ)です。
170716-09.jpg


この木の根元にはニホンミツバチの巣があったそうなのですが……
170716-10.jpg
なんとコンクリートでこのように塞がれてしまったとのこと……
ここで現在、農薬によってミツバチが激減している話を聞きました。




そしてほかにも色々と観察をして最後に見たのがこれ!
170716-11.jpg
ヘクソカズラの葉っぱって、ときどきこんな風に白い点々がついてますよね?


この点々をつけているのがこのヘクソカズラグンバイ(外来種)です。
170716-12.jpg
左上のは幼虫で、下の翅のあるのが成虫。


この口で葉の裏側からちゅうちゅう吸って点々をつけているようです。
170716-13.jpg
ちなみにこの翅の形が軍配に似ているので、この仲間はグンバイムシと呼ばれています。


あ、交尾中?
170716-14.jpg


あら三匹で!?
170716-15.jpg
ヘクソカズラグンバイは、三匹でこうしている姿がよく見られるようです。



茶屋ヶ坂公園 自然観察会は8月はお休みで、次回は9月16日(土)に開催とのことです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR