ヒメザゼンソウ2012年07月14日

120714-1.jpg

昨日、円山のふもとでヒメザゼンソウの花を簡単に発見できたので、本日は春に確認しておいた他のポイント2カ所に行ってみました。

まずは「ノリコの丘(仮称)」へ。
ここにはたくさん咲いているだろうと思って行ったのですが、ひとつも見つけられません。だいたい、じっと探していると蚊が大量に集まってきますし、春とは雰囲気がぜんぜん違っていて場所の記憶もあいまいになってました。というわけで、ここは春に撮った写真を家で見てまた出直すことに。

で、もうひとつのポイント「ジーソブ2丁目(仮称)」へ。
ここも春は20株以上あったはずなのに、結局ひとつも見つけられませんでした。この付近だと時期がまだ早いのか、そもそも花はそんなに咲かないのか? くわしいことはよくわかりません。

そんなわけで、本日のヒメザゼンソウの写真は、どちらも昨日と同じ円山のふもとで咲いていたやつです。
120714-2.jpg


下の写真は、移動の途中で撮影したオオウバユリ。
120714-3.jpg


追記:
長野県飯綱高原におけるヒメザゼンソウの展葉および開花パターン(PDF)」という論文を発見したので読んでみました。長野県の海抜990mの場所(4月の前半に雪融けに伴う水流がいたるところに現れる場所)での調査なので、札幌の環境にも近いかもしれません。ただし、全8個体での調査とのことです。

まず、8個体のうち2個体の花序は野ネズミなどに捕食され、開花しなかったとのこと。

で、残る6個体の最初の開花は6月9日〜6月29日。「最初」と書いたのは、平均で2個(最大3個)の花を時期をずらして咲かせるため(同一個体では花期はほとんど重複しない)。

結果として、個体あたりのトータルの開花日数は15日〜60日で平均38.8日とのこと。

ということは、地味にチェックしてればまだ他の場所でも見るチャンスはあるのかも!?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR