愛知県森林公園で小さな白い花の雑草をちゃんと見てみた

180306-01.jpg

オオイヌノフグリとかヒメオドリコソウとかホトケノザとかはわかるんだけど、それ以外の白い小さな花の雑草はちゃんと見たことがありませんでした。そんなわけで、今日はしっかりと確認してみることに……

矢田川のサイクリングロードはこんな具合でした。

180306-02.jpg


今日確認したいのは、この手の小さい花です。
180306-03.jpg


あ、これです。こういうやつです。
180306-04.jpg


これは通称「ペンペングサ」のナズナですね。
180306-05.jpg
花の下の果実の形が三味線のバチに似ているのでペンペングサとかシャミセングサと呼ばれているそうです。


こういうのは全部同じ草だと思っていたら、なんだか様子が違いますね。
180306-06.jpg


細長い果実が花よりも高く突き出しているのは、外来種のミチタネツケバナだそうです。
180306-07.jpg


メタセコイア。
180306-08.jpg


先日見つけた雌花を今日も撮影しました。
180306-09.jpg


展示館入口前のメタセコイアの雌花も見つけましたが、手が届きませんでした。
180306-10.jpg


これはよく見かけるコハコベです。
180306-11.jpg
茎の色は赤紫色で葉は小さく、茎は立ち上がらずに地面を這う感じです。


それに対して葉が大きく明るい緑色で、立ち上がって生えているのはミドリハコベです。
180306-12.jpg


たしかに葉が大きい。コハコベのこんな大きな葉は見たことがありません。
180306-13.jpg


ミドリハコベの花のアップ。
180306-14.jpg


そのあとは梅園に行ってみました。
180306-15.jpg


梅の種類によってはいい感じになってます!
180306-16.jpg


花ごと落ちているということはツバキですね。
180306-17.jpg


とりあえず、ナズナとミチタネツケバナは見分けられるようになりました。
あとはコハコベとミドリハコベも!


関連記事
スポンサーサイト
Scorpionfly
Posted byScorpionfly

Comments 0

There are no comments yet.

コメントの投稿