愛知県森林公園のカヤラン

180410-01.jpg

ひさしぶりに愛知県森林公園に行ってきました。

南門から入ってすぐ左手の桜の木ではカヤラン(着生植物)が咲いてました。

180410-02.jpg
着生している場所は南門にいたスタッフの女性に教えてもらいました。


ちょうど撮影しやすい高さで咲いています。
180410-03.jpg


着生植物らしく撮るのがなかなか難しいです。
180410-04.jpg
この花のすぐ上にヨコヅナサシガメがいました。幹に触れる際には注意した方がよさそうです(触ると刺されます)。


ハルリンドウはまだまだ見頃です!
180410-05.jpg


「こどもの森」ではチゴユリがたくさん咲いてました。
180410-06.jpg


タンポポにはモモブトカミキリモドキが!
180410-07.jpg
このように腿の太い方はオス。


腿が太くないのはメスです。
180410-08.jpg


ツボスミレ(ニョイスミレ)も少し咲いてました。
180410-09.jpg


ナガバタチツボスミレも!
180410-10.jpg


コバノミツバツツジもきれいです。
180410-11.jpg


こちらは展示館前のジロボウエンゴサク!
180410-12.jpg



このあと、初めて一般公園の方まで行ってソフトクリームを注文したらセルフサービスで巻き方を失敗したり、とつぜん美しい女性にスミレの種類を聞かれて焦ったりと色々あったのですが、噴水のある付近でイヌノフグリを探している時にこんなことがありました。






 コンクリートの階段を一段ずつゆっくりと後ろ向きに下りながら、僕はイヌノフグリを探していた。森林公園でイヌノフグリが見られるとしたら、きっとこのあたりだろうと踏んでいたのだ。階段に顔を近づけ、左を見て、左から右へと視線をゆっくりと移し、そして右を確認したらまた左を見る。一段下りて同じことを繰り返す。

 フグリ系の実があった! でもカタチが違った。フラサバソウの実のようだ。タチイヌノフグリの花も見つけた。でも在来種のイヌノフグリは見つからなかった。僕はそうやってゆっくりと階段を後ろ向きで下りていった。

 中肉中背のオジさんが後ろを通っていった。植物観察というよりは気楽に散歩をしているような雰囲気のオジさんだ。僕は気にせずイヌノフグリを探しつづけた。オジさんはそのまま通り過ぎて東門の方へと向かっていった。

 でもそのオジさんは十秒くらいあとになって突然声をかけてきた。
「何か落とされたんですか?」
 声の聞こえた方を見ると、丸顔のやさしい笑顔でこちらを見ていた。何かを無くしたのなら一緒に探しますよ、という表情だった。うれしかった。心配して声をかけてくれたのだ。
 でもイヌノフグリを探していたとは言えなかった。
「ちっちゃい草を探してるんです。ありがとうございます!」と僕は言った。
「そうですか」とそのオジさんは笑顔を見せて去っていった。
 結局イヌノフグリは見つからなかったが、なんだか嬉しい気分だった。愛知県で暮らしていると、こういうことが時々ある。







そんなわけで、今日もとっても良い一日でした。
180410-13.jpg




関連記事
スポンサーサイト
Scorpionfly
Posted byScorpionfly

Comments 2

There are no comments yet.

おなら出ちゃっ太  

勘違い!

公園でカラヤン指揮の交響曲でも聴いているのかと勘違いしちゃっ太。(^_^;
それにしてもハルリンドウはきれいですね。PCの壁紙にしたいくらいです!

2018/04/19 (Thu) 11:43
Scorpionfly

Scorpionfly  

考えることは皆……

実はこの記事を書いたときに、カラヤンの動画を組みこもうとも思ったのですが……
やめた方がいいだろうと判断してやめまし太。(^_^;

ハルリンドウは僕も大好きです!
こちらでは北海道でのエゾエンゴサクみたいなポジションの花です。

2018/04/19 (Thu) 18:04

コメントの投稿