僕らには聞こえない2012年08月08日

120808-1.jpg

「あー、虫の声が聞こえるー」、孝子がいつもの甘い小さな声で言った。
 うしろを歩いていた僕とカメロウさんは立ちどまり、耳を澄ませた。しかし、まっ暗な夜の草むらからは何も聞こえてこない。背の高い草がおだやかな風でゆっくりと動いている気配がするだけだ。
「なんにも聞こえないな」と僕は言った。
「うん、俺も何も聞こえない」とカメロウさんは言った。
「ほらー、そっちの方。ずっと鳴いてるよぉ」と孝子は指をさした。
 僕とカメロウさんはだまって顔を見合わせた。孝子が僕らをからかっているのだろうか。いや、彼女はそういうタイプの女性ではない。とすると、僕たちにだけその音が聞こえていないことになる。もしかして、僕らのまわりにだけ結界でも張られているのか?



 これは二年前の夏に実際に起こった出来事だ。そのとき鳴いていたのはエゾツユムシという虫で、その鳴き声が聞こえなかったのは鳴き声の周波数がかなり高かったからだと思われる(15,000Hz程度?)。いわゆるモスキート音に近いような鳴き声だったのだ。

 先日、バット・ディテクターで遊んでいたときにこのことを思い出し、いったい自分はどの程度の音まで聞くことができるのかを試してみたくなった。それでiPhoneのアプリで何かないかと検索してみたらすぐに見つかった。それが「耳年齢チェック!iPhone版(無料)」である。


120808-2.jpg

 さっそく試してみたところ、12,000Hzは問題なく聞こえたものの、14,000Hzはまったく聞こえない。これならエゾツユムシの鳴き声が聞こえないのも当然だ。てゆうか、ちょっと耳年齢が高すぎないか?

 試しにバット・ディテクターの持ち主で二歳年上のMA3号さんにやってもらったところ、14,000Hzまでは聞こえるようだった。くやしい。今度はカメロウさんで試してみよう。

 おそらくだが、僕は昔バンドをやっていて若い頃から大音響の場所にいることが多かったので、少々早めに耳がダメになってしまったのかもしれない。ちなみに、下の写真は高校生の頃の僕の写真です(いかにも昭和っぽいw)。


120808-3.jpg


 最近の映画館は音が悪くなったな〜とか思っていたけど、実際には自分の耳が悪くなっていたんですな。気がついて良かったです。これからは、なんかヘンだと思ったら、まず最初に自分を疑わなくちゃ(笑)。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

高音域。

私は多分10,000Hzもダメかもです。(^^;)娘が聞こえていても
うん?鳴っているの...と。炊飯器の炊けたよ〜の音が聞こえんのです。
年齢には逆らえないのだなと、もう諦め開き直るしか術はありません。
聞こえない振りの術は、使えますけど・・・ね。(^^;)

Re: 高音域。

炊飯器の音が聞こえないとは凄すぎます!
って、僕は聞いたことがほとんどないと思うので、実際に聞こえるか
どうかはわかりません(笑)。
「聞こえないふりの術」は、いざという時に使えそうですね。(^_^;)

14000

こんちは
一応14000までは聞こえました、だけどもスピーカーの
性能も関係するのではないですか?(往生際が悪い)
うちの必要以上に高性能なオーディオだったらもっと聞こえ
たりして。

Re: 14000

えっ、ヒデさんも14,000Hzまで聞こえるんですか!?
うらやましいです。自分だけ老人になった気分です。

試しにさっき、うちの最年少の家族にうしろから近づいて
17,000Hzの音を出したら、「ひゃっ!」と反応したので
iPhoneでもちゃんと音は出ているみたいです。

No title

「僕らには聞こえない」
素敵な文章、久々に鳥肌ものでした。
素敵です~

Re:

ありがとうございます!
意外な感想でびっくりしました。
プロフィール

Scorpionfly

Scorpionfly
※名古屋に転居しました!
円山を中心に、三角山や藻岩山、手稲山、野幌森林公園なんかにも出没します。書く内容によって文体が変わるクセがあります。

登山口の地図
最新記事
最新コメント
スポンサード リンク
検索フォーム
全記事一覧

すべての記事を一覧表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR